宇宙天気ニュース

Supported by NIT, Kagoshima College  
太陽フレア・磁気嵐・オーロラ活動など、宇宙天気の最新情報をお知らせするページです。

宇宙天気情報BOX

Y. Obana
最新状況 (15:21)
昨日、C1.5の小規模フレアが発生しています。
太陽風は速度、南向き磁場ともに静かです。
磁気圏は静かです。
太陽放射線と放射線帯電子はともに静穏です。

フレア (GOES)
発生日 JST 検出
5/13 --- ---
5/12 18:15 C1.5
5/11 --- ---

黒点  5/13 (NOAA)
磁場 フレア
2822 9 βδ C2
2823 2 β ---

太陽風 (DSCOVR)
時刻
JST
速度
km/s
南北磁場
nT
15:15 445 +3.8
-2 h 471 +0.5
-4 h 492 -4.1
-6 h 529 -2.4
-8 h 512 +0.9
-10 h 483 -0.5
-12 h 481 +4.1

磁気圏 (京大)
時刻
JST
Dst
nT
 
nT
14:30 -31 -/ -
-2 h -28 -/ -
-4 h -28 -/ -
-6 h -39 -/ -
-8 h -47 -/ -
-10 h -36 -/ -
-12 h -48 -/ -

放射線 (GOES)
時刻
JST
プロトン
10MeV
電子
2MeV
最新 0.5 2x10^1
5/13 0.7 1x10^2
5/12 0.7 8x10^2
5/11 1.1 6x10^2
5/10 0.7 4x10^2
5/ 9 0.7 3x10^2

静か 激しい 非常に


















リアルタイムデータ
27日周期短期 (swnews)
黒点動画 (SDO)
X線3日1日 (GOES)
SolarMonitor (TCD)
Latest Events (SolarSoft)
AIA193動画 (SDO)
AIA304動画 (SDO)
AIA131動画 (SDO)
SUVI195 (GOES)
SUVI131 (GOES)
LASCO (SOHO)
STEREO (STEREO)
太陽風 1日 (DSCOVR)
太陽風 7日 (DSCOVR)
ACE1日7日 (ACE)
衛星電子 (GOES)
衛星陽子 (GOES)
衛星磁場 (GOES)
AE指数 (京都大学)
Dst (京都大学)
K指数 (NOAA)
地上磁場 (NICT)
Live!オーロラ (遊造)
昭和基地カメラ (NIPR)
TromsoLongyear...
Canada (CSA)

情報ページ
宇宙天気用語集
宇宙天気日報
宇宙天気臨時情報
NICT宇宙天気情報センター
Space Weather Prediction Center
 [ 図のみ ] [速報メール ] [ 読者写真集 ] [Twitter ] [特別記事 ] [about ]

これまでの経過 (過去のニュースの 閲覧全リスト)
2021/ 5/ 8 13:31 M3.9の中規模フレアが発生しました。CMEも噴出しています。太陽風は低速です。
2021/ 5/ 9 13:44 C8.6の小規模フレアが発生しました。太陽風は低速で、磁気圏も穏やかです。
2021/ 5/10 12:53 フィラメント噴出とC4.0の小規模フレアが発生しています。太陽風は低速です。
2021/ 5/11 14:20 太陽の活動は落ちついています。4月の黒点相対数は 24.5 でした。
2021/ 5/12 13:19 太陽風は低速の状態が続き、磁気圏も穏やかです。

2021/ 5/13 12:42 更新
太陽風の乱れが到来し、磁気圏の活動が強まりました。

担当 篠原

昨日の午後、12日15時(世界時12日6時)少し前に、
DSCOVR衛星に太陽風の乱れが到来しました。
速度は、310km/秒から450km/秒とやや高速になり、
磁場強度は、4nTから10nTへ上がり、
その後すぐに20nTへ強まりました。

9日に発生したフィラメント噴出のCMEによる乱れと考えると、
3日弱で地球までやって来たことになり、
だいぶ早かった印象です。
直後のC4.0、C2.0フレアのCMEの変化も
重なっているのでしょうか。

太陽風磁場の南北成分は、初めは北向きに強まりましたが、
乱れの到来から4時間ほど経った頃から南向きに切り替わり。
-20nT近い大きな変化になりました。
太陽風の速度が450km/秒とやや高速になっていたこともあり、
磁気圏の活動は一気に強まって、
AE指数は、1500nTに達する大規模な変化が2回発生しています。

Dst指数の速報値は、 -61nTまで下がり、
小さい磁気嵐が発生しています。

静止衛星のGOES衛星の磁場データを見ると、
通常は北向き(プラス)になっている衛星周辺の磁場が、
一時的に南向き(マイナス)に変化しています。
これは、太陽風磁場が南向きに強まった影響で
昼側の磁気圏の磁場がどんどんはぎ取られ、
静止衛星の軌道まで太陽風が迫ってきたためです。

太陽風の速度は、今朝にかけて530km/秒まで高まり、
現在は480km/秒と少し下がっています。
磁場強度は、3回ほど20nTへ高まる変化が見られた後、
次第に低下していますが、現在も13nTと強まった状態です。

磁場の南北成分は、
強い南向きが4時間ほど続いた後は、
変化が落ち着いています。
磁気圏の活動も、小規模の変化が見られる程度になっています。

太陽風の変化はどこまで続くでしょうか。
次第に下がっていく様子に注目してください。


太陽は、2822黒点群でC1.5の小規模フレアが発生した程度で、
全体としては落ち着いた状態です。



Dst指数の速報値は -61nTの変化になり、小さい磁気嵐が発生しています。
(c) 京都大学WDC


GOES衛星の磁場変化。一時的に南向き(マイナス)に変化している。
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース


SDO衛星のAIA193カメラによる太陽コロナの様子
(c) SDO (NASA)



SDO衛星による太陽の可視光写真。マウスの矢印を写真に重ねると、黒点番号付きの写真に切り替わります。
(c) SDO (NASA)



DSCOVRが観測した太陽風の磁場(1番上の枠、黒線は全体の強度、赤線は南北成分)
および、太陽風の密度(3番目の紫線)、速度(4番目の青線)
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース



AE指数(速報値)
下段のAEグラフの値が高くなると、オーロラ活動が活発化しています。
(c) 京都大学WDC




27日の太陽周期に合わせたデータプロット
太陽が同じ面を地球に向けていた27日前の変化から、今後を予想することができます。
(c) 作図:宇宙天気ニュース
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr
太陽X線
○はM以上
太陽風速度
km/sec
セクター
φ (度)
IMF Bz,Bt
nT
沖縄変動
nT
沖縄短期変動
nT
静止軌道電子
/cm^2 s sr


GOES衛星の太陽X線強度。赤・橙 = 0.1〜0.8 nm、青・紫 = 0.05〜0.4 nm
(c) データ:NOAA/SWPC、作図:宇宙天気ニュース




  宇宙天気ニュースは、
  鹿児島工業高等専門学校にWebサーバを設置しています。

このニュースについて、コメントなどがありましたら、
篠原 学( shino@kagoshima-ct.ac.jp )宛てお知らせ下さい。